HOME » 製品情報 » WEBサービス » うまカフェ

うまカフェ

乗馬クラブ様向けレッスン予約管理システム「うまカフェ」

信頼と実績のクラウド型サービス

乗馬クラブ運営をサポートする統合管理システムです。
  • 会員・見込み客管理、レッスンプログラム管理、受講管理、馬の管理などの用途に最適です。また、会員は乗馬レッスンの予約をパソコン・携帯 電話から行うことが可能です。
  • レッスンに対する、指導員や馬の稼動実績からレッスン予約充足率にいたるまで、売上・集客・利益の流れを正確に把握できます。クラブ経営に求められる高い要望を実現するために、確かな実績を元にサポートします。

うまカフェの特長

乗馬クラブ様の実際の業務に根ざした様々な管理機能を持ち合わせたシステム

パソコン・携帯電話から、インターネット経由で乗馬レッスンの予約を行うことができます。
  • 会員は、24時間・365日、どこからでもレッスン内容と、空き情報の確認、予約ができます。
  • レッスン予約が完了すると会員・レッスン管理責任者に確認メールを自動配信することができます。
会員・見込み客を管理することができます。
  • 会員の基本情報はもちろんのこと、等級管理もできますので、会員の持つ等級、資格に応じて受講可能なレッスンを自動選別します。
  • 体験騎乗や問合せがあったお客様は、見込み客として管理することが可能です。会員獲得活動ツールになります。
乗馬クラブ様の現状の運営状況を多角的に分析することができます。
  • 会員のレッスン参加頻度から、指導員・馬の稼動実績、レッスンの予約充足率まで全て管理することができます。
  • 各実績を見える化することで、現在の経営状態の正確な分析ができ、さらなる改善への課題に取組むことで収益UPに貢献します。
新たなレッスン表の作成や、日々のレッスンに対する指導員・馬の割当て作業も簡単な操作で作成できます。
  • 会員が参加するレッスン毎に、指導員・馬を割り当てるだけで、当日の段取が簡単に作成できます。
簡単にレッスンの時間割が作成できます。
  • 簡単に曜日別、時間別のレッスン時間割を登録できます。
  • 登録したレッスン時間割はExcel印刷も可能です。
会員には会員証を発行して、当日は会員がバーコードリーダでスキャンするだけでレッスン受付を簡単に行うことができます(別途、バーコードリーダが必要です)。
  • 受付業務用のパソコンを用意すれば会員が作業をしますので、受付業務による人手を軽減することができます。

うまカフェの活用例

ある乗馬クラブ様の業務モデル

日常業務
導入前
会員・見込み客管理は全てExcelで管理
会員の騎乗回数やイベント参加率などは手集計で管理。
参加期間が空いている会員も手集計で管理。
導入後
会員管理はうまカフェで管理
騎乗回数、イベント参加率などは情報は全て自動集計。
見込み客から会員に加入した場合は情報の引継ぎが可能。
毎月のレッスン時間割作成はExcelで作成
受講者の等級もあるので、効率の良いレッスン時間割の組立ては時間がかかる。
過去の会員の受講実績やレッスン参加充足率などの情報を加味しての作成は時間がかかる。
うまカフェで管理(レッスン項目は事前にマスタ登録するだけ)
簡単レッスン時間割作成機能で項目・時間は選ぶだけ。
通常用、夏、冬用など、時間割をパターン化することも可能。
時間割はExcelで印刷が可能。
会員からのレッスン予約に対する電話対応
会員の等級やレッスン参加人数の枠を把握するのに時間がかかる。
レッスン予約の案内に追われ、業務効率が低下。
スケジュール管理は手書きのシートを使用。
会員からのレッスン予約はパソコン・携帯から
会員ごとに、等級・レッスン参加人数枠などに応じて受講可能なレッスンを選別し、会員は希望のレッスンを選択するだけ。
電話対応時間が削減されるので主要業務に集中できる。
管理は全てパソコンの画面上で行える。
当日業務 〜レッスン予約締切りから当日の受付までの流れ〜
導入前
レッスン予約締切り後の準備作業
手書きのシートを回収して、会員の予約状況を確認する。
導入後
レッスン予約締切り後は、パソコン画面上で確認するだけ
うまカフェでは、予約状況が見やすく整理されている。
指導員・馬の選定作業は全て手書きの「馬配表シート」で管理。
稼動状況の集計に時間がかかる。
レッスン内容や参加人数に応じて、コース馬場を選定する。
指導員、馬、コース馬場を割り振り、シートに記入する。
うまカフェ「馬配表作成画面」から画面上で操作できます
稼動状況はパソコンから閲覧可能。
後は、パソコン上で指導員、馬、コース馬場を割り振るだけ。
レッスン受付業務は手書きの「レッスン受付シート」で管理
会員はクラブ内でレッスン券を購入して、その券を受付に渡す。
クラブは受け取った券を受付シートに貼り付けて管理。
レッスン受付業務は会員証を利用したバーコードで管理
会員が受付用のパソコンからバーコードスキャンするだけ。
クラブ側は常時、受付担当を置く必要はない。
レッスン終了後 〜レッスンのデータ集計作業〜
導入前
レッスンに参加された会員の騎乗回数の集計
馬・指導員の稼動実績の更新
レッスンの充足率の分析
レッスン参加期間が空いている会員
レッスン受付シート回収後、Excelに手入力
導入後
レッスンに参加された会員の騎乗回数の集計
馬・指導員の稼動実績の更新
レッスンの充足率の分析
レッスン参加期間が空いている会員
バーコードスキャンによって実績に反映

集計作業効率が悪い上、細かなデータ算出はできません

集計データがリアルタイムで閲覧することができます
各データを分析することでクラブの運営状態が見れます

会員からのレッスン予約の流れ
導入前
レッスン予約は現場での予約か電話予約で
基本的にはレッスン終了後に次回の予約をして帰る仕組みだが、そこで予定が決められなければ、電話予約となる。
レッスンの参加状況は電話で確認するまで分からず、状況によっては予約できない場合もある。第1希望だけではなく、複数の希望日を用意しないといけないので面倒だ。
自分の等級、資格に応じた研修をレッスン表から選定するだけで時間がかかるので、面倒だ。
予約終了後にキャンセルをする場合、また電話しないといけないので効率が悪い。
自分のレッスン予約状況を確認する場合も、同じく電話連絡をしないといけない。
乗馬クラブの営業時間内でしか連絡することができない。
導入後
レッスン予約はパソコン・携帯から
パソコン、携帯から予約ができるので、レッスン終了後に次回の予約をして帰る必要もない。
レッスンの予約状況は画面から閲覧でき、満員などのアイコンが表示されるので状況が一目で分かる。
自分の等級、資格に応じたレッスンは自動で選別されるので受講可能なレッスン内容だけを閲覧することができる。
予約終了後でもキャンセルも簡単に行うことができるので、効率が良い。また、どうしても受講したい希望日については、キャンセル待ちの予約をすることもできる。
自分のレッスン予約状況も簡単に確認することができる(パソコンのみ、過去の受講履歴も確認することができます)。
いつでも、どこからでも予約を行うことができる。

このページのトップ

お電話でのお問い合わせは06-6312-7548まで

資料請求